本文へスキップ

鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ 横浜石川町駅徒歩5分 元町中華街駅徒歩10分 突発性難聴 メニエール めまい 顎関節症 首肩コリ 更年期  望妊サポート 美容鍼灸 ヘッド鍼灸

鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ

予約メールフォーム

ちょこっと中医学

鍼灸、漢方、気功、按摩、薬膳など一般では「東洋医学」という言葉を使っていますが、その基盤は臨床経験に基づき受け継がれてきた中国伝統医学(中医学)にあります。
みなさんの日常生活でも知らず知らずに取り入れているもののたくさんあると思います。
知ってみると納得!!という部分がたくさんある中医学、ここでは基本となる考え方を少し紹介していきます。

中医学

知っておきたい中医学のベース理論

■整体観念
■弁証論治
■陰陽五行説
■気血津液
■五臓六腑

整体観念

整体観念とは中医学での診断や治療を行う際、基本となる考え方です
(1)人と自然
人は自然界の一部であり、自然界を大宇宙とするならばカラダはそこに存在する小宇宙であると考えます。
自然界は絶えず変化しています。そこに生きる人もまた自然界の影響を受けながら絶えず変化しています。

(2)有機的つながりをもっている
西洋医学では不調を感じたその部位を診断し治療していきますが、中医学ではカラダはひとつの有機体であり、つながりを持ったものとしてとらえています。
カラダの不調を治療する際には、全体をみて不調と他の関連性を探し出し、バランスを整えることが根本的な改善へと繋がると考えます。
整体観念
◆カラダは常に一定ではなく絶えず変化するものである。
◆カラダは自然界の一部であるため、気候・季節・温度やその他の影響を受けている。
◆カラダは臓腑・組織・器官が互いに協力してバランスを保とうとする。

弁証論治

弁証論治は「証を弁別して治療方法を論ずる」ということです。
同じ症状や病名であっても、個人によって体質、原因、生活環境が異なります。弁証では「@何が原因でAどこのB何がCどうなって」発病したのか病気のタイプ(証)を探っていきます。そして弁証にそった治療を施していきます(論治)。
情報番組で「〇〇にはほにゃらかが効く」と出ると、即座に売り切れ御免状態になることもしばしば。
ですが、健康への道は一人一人違っているということなのです。
弁証論治

陰陽五行説

世界各地の古代文明では自然界の森羅万象を類似思考でいくつかに分類し自然哲学を発展させていきました。
古代中国では陰と陽の二つの性質に分けた二元論「陰陽説」が生まれ、その後、あらゆる事象を五つの元素に分類し「五行説」が生まれ、紀元前3世紀頃、このふたつが融合し「陰陽五行説」が誕生したと言われています。
陰陽説
陰陽説
陰陽説は世の中に存在するすべてのものを「陰」と「陽」の二つの性質に分け、陰と陽という二つの概念を使ってこの世のすべてを説明するものです。
陽は活動的なもの、陰は鎮静的なものの象徴とし、互いは対立しながらも互いに影響し合い、相手なしには存在できず、相互に依存し合っています。
右図は太極図 太極は万物の根源・宇宙のもとのもとのことです。
陰と陽があり、また陰の中にも陽があり、陽の中にも陰があります。これは陰と陽が結びついていることを示しています。
そして自然界は常に変化しているものであり、陰陽も増減し、一定段階まで達するとそれぞれ反対方向に転じるとされています。

季節を例に見てみると、陰陽のバランスのつり合っている春分を境に太陽の日照時間が段々と伸びていき、季節は春へと移行します。動物は眠りから目覚め、草木は芽吹き、気温も上昇していきます。これは冬から春へ、陽の気が増えてきている状態と言えます。
夏になり、夏至を迎えると日照時間が一番長く、陽の気がピークを向えます。陽の気が極まると陰の気に転じ、徐々に陰の気が増え始めます。
秋分を向える頃には陰と陽のバランスがつり合い、その後は陰の気が徐々に増えていき、草木は枯れ、動物は冬眠に入る準備をはじめ気温が下がっていきます。そして冬至の頃になると陰の気がピークを迎え、陰の気が極まると陽の気に転じ、徐々に陽の気が増え始め、春を迎えます。こうして陰と陽がうまく調和することで四季は巡っています。

「人生山あり谷あり」うまくいく時もあれば、うまくいかない時もある。うまくいかないと思うのはうまくいく時を経験してこそ感じるものです。相反することがあってこそ人生なのです。
陰陽は絶対的なものではなく、ひとつの物でも見る角度によっていろいろな分け方が出来ます。
一年で夏は陽、冬は陰ですが、一日では朝は陽、夜は陰。男は陽、女は陰ですが、カラダは背側は陽、腹側は陰。
このように陰陽それぞれの中にもまた陰陽があり、陰陽は絶対的なものではなく相対的なものです。
五行説
陰陽説の後に誕生した五行説では自然界のあらゆるものを「木・火・土・金・水」の五つに分類しました。古代中国人が「五」と定めた理由は天空を見上げた時、そこに木星・火星・土星・金星・水星という五つの惑星があったことによると言われています。
(そもそもなぜ木星・火星・土星・金星・水星と名前がついたのかは?不明ですが・・・専門家に任せたいと思います。)

そして五行を自然界に存在する基本要素とし、自然界に存在するものを五行の性質によって分類しました。
「木・火・土・金・水」である五行は互いに関係をもち、バランスをとりながら存在しています。
五行間では、相生と相剋という生み出す関係と一方が他方を抑える関係で成り立っています。
五行の性質
:「曲直」:曲がったり、まっすぐになること
木は枝や幹が上へ外へと自由に広がり伸び、成長していく特性があります。このように育つ、上昇する、発散する性質のあるものを木に分類します。
:炎上:燃え上がること
火は熱く燃え上がる性質があります。このように暖かいもの、上昇するもの、明るいものなどを火に分類します。
:稼穡:万物を育て実らせること
土は種を蒔き、農作物を収穫します。このように万物を受け入れ、養い育て、分解して変化させるものを土に分類します。
:従革:形があらたまって器となること
金は鉱物や金属のように冷徹で堅固、確実な性質があり、また変化する性質があります。これが転じて、厳粛、収縮、新たなものに変わるものなどを金に分類します。
:潤下:万物を潤わせながら、高いところから低いところにいたること
水には重力によって上から下に流れ、物を湿らせ、潤し、乾燥させず、熱いものを冷ましたり、火を消したりする性質があります。このような性質のものを水に分類します。
五行はもともと原始的な意味では「五材」とされ、人間が生活していくうえで欠かせない五つの材料や道具、という意味であったと言われます。
五行解釈の史料によると「天にありて五気流行し、地にありて民これを行用する」とあり、五気とは「木・火・土・金・水」を指し、行は巡る(流行)とか使う(行用)という意味があり、天上を駆け巡る五気を天が地、人間に与えることで人間は五気を材料道具として生活に利用することが出来るという意味が五行には込められているそうです。
五行色体表
五行の相性と相剋
五行
五行同士のバランスを保つ働き

「相生」は生み出す関係

「木→火→土→金→水」これは一方が他方を生み出す関係を示しています。
「木」はすれい合うことで「火」を生じ(木生火、「火」は燃えることで灰が生じ(火生土)、灰は「土」に帰り、「土」の中から「金」が生じ(土生金)、「金」が解けると「水」を生じ(金生水)、「水」が「木」を養っている(水生木)。
五行のひとつが、他の五行のひとつを生み出す関係を『相生』といいます。
「相剋」は一方を抑える関係
「木→土→水→火→金→木」これは相手を剋す関係を示しています。
「木」は「土」から養分を奪い(木剋土)、「土」は水をせき止め淀ませ(土剋水)。「水」は「火」を消し(水剋火)、「火」は「金」を溶かし(火剋金)、「金」は「木」を断ち切る(金剋木)。

相剋の関係はまるで相手を倒す悪者のように感じるかもしれませんが、相生・相剋は自然界の正常な関係性であり、抑えてくれる相手がいるからこそバランスがとれています。
木は土から養分をもらって成長することができます、盛り土をすることで洪水をせき止めることができます、火が燃えすぎては火事になってしまうのでそれを水が止めてくれます、火が金を溶かすことで道具がつくられます、金が木を切ることで木材を得ることができます。
人間関係でも、制してくれる相手がいることで救われた!ということがあります。生み出す力と抑える力のバランスが大切です。

五行生理関係が崩れた場合、相侮(相剋の関係が反対に働く)・相乗(相剋が過剰な状態)の関係が生じます。

気・血・津液

気
「気」はひとつに定義するのは難しい複雑なものです。「気」は宇宙を構成する基本物質であり、これらが運動・変化することにより森羅万象が引き起こされるとしています。
私達人間も自然界のひとつの存在であるので「気」とは密接な関係にあります。
基本的に人間の気は両親から与えられたエネルギーと空気、食事の三つから生命活動に必要な気を作り出し、維持しています。
その役割のひとつには私達のカラダにとっては生命活動維持に必要な目には見えない基本物質、エネルギー・生命力です。
もうひとつには気は生命活動を行う機能でもあります。
気は全身を巡り、体を温めたり(温煦作用)、血や津液を全身に循環させています(推動作用)。これにより臓腑器官は正常な活動をすることができ、気がスムーズに体を巡ると心身ともにのびのびと良好な状態を保つことができます。
また外からの邪気の侵入を防いだり(防衛作用)、必要なものが漏れ出ないようにしたり(固摂作用)、摂取した食物を必要なものに作り変えたり(気化作用・営養作用)する働きがあります。
これら気の作用は私達が生命を維持していくうえで必要不可欠な基本作用です。
気は生命の源とも言えます。
“病は気から”と言いますが、「気力=生命力・精神力」があれば、外からの影響(邪気)にも強く、少々のことでへこたれることはありません。
血 「血」は栄養を豊富に含み、全身を巡って体のあらゆる場所に栄養を与え各臓腑組織を濡養、滋潤させています。
また血は精神活動の基本物質でもあり、精神状態や感情にも関係しています。
血の不足は食事の不摂生、過労や目の酷使、ストレスなどによってももたらされます。
頭痛、めまい、立ちくらみ、顔色が白いまたはくすんで黄色い、疲れ目・ドライアイ、動悸、不眠、手足のしびれ、爪が割れやすい、髪が切れやすい、月経血の減少または月経周期の乱れなど様々な症状が見られます。
現代医学的にに貧血とは言わずとも、中医学的には血の不足ということはとても多いです。
津液
津液しんえき
「津液」は血以外の内、外分泌液や体液を指し(汗、唾液、胃液、涙、鼻水、関節の滑液など)、皮膚や臓腑、目、口、鼻、耳、舌などに潤いを与えます。また関節靱帯などの筋や筋肉などに潤いを与え、動きを滑らかにします。
津液の不足は食事の不摂生や発熱や嘔吐、下痢、外界の乾燥などによってもたらされます。
髪の毛、皮膚の乾燥、粘膜の乾燥、乾燥による痒み、耳鳴り、足腰のだるさ、口の渇き、尿量減少、便秘、精力減退、寝汗、不眠など様々の症状が見られます。
津液そのものの不足ではなく、水液代謝が低下した為にむくみや体の重だるさ、痰のある咳、胸苦しさ、軟便などが見られることもあります。
気血津液は人体を構成し生命活動を維持するうえで必要不可欠なものであり、それぞれの生理機能を担いながら互いに依存し合い存在しています。
これらは体内では飲食をもとにして作られます。気・血・津液はカラダの物質面・機能面を担うだけでなく、精神面にも影響があることから日々の食生活は現代社会に多く見られる鬱やストレスが原因の病への助けにもなるのです。

五臓六腑

現代医学でいう内臓と同じ名をもつ臓腑ですが、同名の臓腑よりも広い意味があります。
中医学でいう臓腑とは臓器の役割だけでなく、機能的な意味も含まれ体表に現れたその臓に関わりのある症状や現象も含んでいます。ここがわかりにくいところですね。
臓は「肝・心・脾・肺・腎」の五つのことで「五臓」と呼ばれます。
五臓は気・血・津液など生命維持に必要な栄養物質を作り出し、それを貯え、代謝、運用しています。
腑は「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」の六つのことで「六腑」と呼ばれます。
六腑は体外から栄養物質を取りいれ、老廃物を排泄しています。
五臓と六腑は密接な関係があり、陰に分類される臓と陽に分類される腑は、表裏の関係とされます。
五臓の生体機能
肝:疏泄作用・血の貯蔵・全身の血流量の調節・目・筋・爪・怒り
・肝は疏泄作用といって、精神、情志活動、消化、血行、代謝機能のコントロールを行います。
・肝は血の倉庫と言われ、血液の貯蔵や血流量の調節を行い、気血の巡りを促しています。
・肝は筋道が通った状態を好み抑鬱を嫌います。
・肝の状態は目や筋や爪などに現れます。
・感情では怒りと関係します。肝の不調によりイライラしたり怒りっぽくなります。
心:血を全身に行きわたらせる・精神活動を管理する・舌・血・脈・喜び
・心は五臓のリーダー格であり「君主の官」と言われています。心臓からポンプのように血を押し出し、身体各部を滋養します。
・外界から得た情報を統括し、意識・感情・思考などの精神活動を管理しています。
・心の状態は舌や血、脈に現れます
・感情では喜びと関係します。喜び過ぎると、心気が緩み精神活動や思惟活動に影響が出ることがあります。逆に緊張やストレスなどで体がこわばってしまった時、笑うことでココロや体がほぐれるのは心気をほぐしていることになるのです。
脾:運化作用・統血作用・昇清作用・四肢・筋肉・思う
・脾は運化作用といって、飲食物を消化、吸収し気血津液を作り出し栄養物質を全身に運搬しています。
・脾は血管から血液が漏れ出ないようにする働きがあり、これを統血作用といいます。
・脾の昇清作用とは栄養物質を上に引き上げたり、内臓を上に引き上げあるべき位置に維持することです。
・脾の状態は四肢や筋肉などに現れます。
・感情では思い悩むことに関係します。思い悩見過ぎると食欲がなくなることがありますが、これは脾の働きがに影響した為です。また同時に唇が乾燥したり、口角炎の症状が現れたりします。
肺:気の管理・呼吸の管理・宣発粛降・鼻・肌・悲しみ
・肺は全身の気を管理し、各臓腑器官が正常に働けるようにバランスよく供給し巡らせています。
・肺は呼吸によって大気中の綺麗な気を吸い込み、汚れた気を排出しています。
・肺の宣発粛降とは上部や体表に行き渡らせ、下肢や内部へ降ろす作用のことで、この作用が協調して全身に津液や栄養物質が運ばれています。宣発粛降により体表まで津液や栄養物質が運ばれ、肌には潤い艶があり、また外の邪気からカラダを守るための気が到達し、汗の調節も行うことができます。
・肺の状態は鼻は肌などに現れます。
・感情では悲しみと関係します。悲しみや憂いが過ぎると肺気の働きを低下させ息苦しさを感じたりすることがあります。
腎:精を蔵す・生長、発育、生殖の管理・水分代謝の調節・納気・骨・耳・髪・恐れ・驚き
・腎のもっとも大切な働きは命の根本となる「精」を蔵することです。これを「腎精」といいます。腎精は両親から受け継いだ「先天の精」と飲食物から作られた「後天の精」によって栄養を与えられ、腎に貯えられています。腎精には生長や発育、生殖や他の臓腑器官の生理機能を行うためにも必要なものです。
・水分代謝に関わる臓は肺・脾・腎の三つの臓ですが、その中でも最も重要なのが腎です。腎によって体を巡ってきた水分は濾過され、綺麗な津液は再利用され、不要なものは尿に作りかえられ、膀胱へいき排泄されます。
・納気とは呼吸の吸気のことで、呼吸は肺によって行われていますが、深く吸う働きは腎の納気が必要とされています。
・腎の状態は骨や耳、髪などに現れます。
・感情では恐れや驚きと関係します。過度の驚きや恐怖が腎の働きを乱し、脳をうまくコントロール出来なくなると錯乱したりパニック状態を引き起こします。またジェットコースターやお化け屋敷などで怖い思いをした際に失禁してしてしまった、マリーアントワネットは処刑の前日突然白髪になったという話もありますが、これは恐怖感が腎の働きに影響したことのではないかと思います。
【五臓間の関係性】
五臓は単体で働くのではなく、互いに関連しながらバランスをとって働いています。
そして季節、気候、温度や生活環境、食事、精神面など日常生活にあるあらゆることが影響しています。
不調の部分だけ見ていては気づけないこともあり、互いの関連性を見ていくことが大事です。

shop info.開院時間

鍼灸治療・鍼灸セラピー カーチャ

〒231-0023
横浜市中区山下町276-5 ル・グラン元町903
TEL.080-1310-0213

→アクセス